生の声・メディア実績

実践者の声

新築デザイナーズ・アパートプロデューサー 大城幸重

 以前より個人投資家として不動産投資を行ってきましたが、今回、坂下先生の「妻社長メソッド」を学び、個人として資産形成をやっていくよりも法人を活用して資産形成をしていくほうが有利だと気付きました。

「妻社長メソッド」を実践する中で、終身雇用制度や年金制度が崩壊しても、国や組織に頼らずに生きる自信がもてるようになりました。

個人投資には株式投資や為替、ファンドなど様々な種類がある中で、金融機関から融資を受けて行うことができる唯一の投資が不動産投資なのです。

私がそうであったように「お金を借りること=悪いこと」という考え方を多くの人がもっていると思います。この考え方は、無駄遣いで自分の欲しいものを買ったり、どこかに旅行に行ったりするなど、お金を浪費に使い、あげくの果てに自分の浪費欲を満足させようとして借金をすることが悪いことなのです。

だから、自分や家族の生活を楽にするため、将来の不安に備えて新たな収入を生み出す「お金を借りる=良いこと」となる不動産投資をすすめてきたことを改めて良かったと実感しています。

今回、個人名義で所有していた不動産を資産管理法人に移動し管理したことにより、個人事業主で出来ない節税効果を得ることができるようになり、税制面など法人の優遇措置を受けやすくなりました。

今まで、自分への給与は、個人の場合では損金となりませんでしたが、法人の場合は役員報酬として損金計上ができるようになりました。

自分に対する生命保険も、個人の場合では一般の生命保険控除額までしか認めてもらえませんでしたが、法人では支払保険料として全額損金とすることができるようになっています。

また、金融機関からの融資を受ける上で低金利となるメリットも出ています。今年1月には、『高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です』(秀和システム)で、著者デビュー。活動のフィールドを更に広げながら、少しでもお役に立てたらと思っています。

■半分ドバイ人の妻社長 中島雅美

今年と同じ戌年の2006年、私の夢は「仕事をしながら育児と家事もするスーパーウーマンになること」でした。その時の『仕事』というのは、勤めに行く職業以外は考えていませんでした。技能を身につけるのは、会社や上司からの評価を上げるため、仕事は時間と労力、能力をお金に変えるものという考えでいました。
その当時、正社員の職に就き、給料もきちんと貰いながら、不妊治療もしていました。40歳を過ぎていたにも関わらず、妊娠、出産はできると信じ「頑張れば何でもできる」と、頑張っていました。ですが、スケジュールはコントロールできず、周囲に迷惑もかかるので、次第に両立が難しくなり、会社を辞めることにしました。
仕事を辞めたら「自分の収入がない」「不妊治療は高額」のダブルパンチです。蓄えなども考えていなかった私は、治療だけで減っていくお金と、うまくいかない不妊治療に、精神的にも金銭的にも、肉体的にも苦しいと感じることが多くなっていきました。
このままではいけないと、私がしたのは様々な勉強でした。英語の資格、インテリアコーディネーターの資格、心相科学というカウンセリングのツールのようなものを学び、講師の資格を取ったりもしました。資格を生かし、ビジネスにしようとマーケティングを学んだり、コピーライティングを勉強したり、自己投資という名目で、ただでさえも少ない貯蓄を数々の学びに使いました。お金を使うばかりで、不妊治療もうまくいかない私は「自己嫌悪の塊」のような状態になっていきました。
夫も仕事が忙しく、妻は何をやりたいのか、何を目指しているのか分からない。そのうち夫が私にかける言葉も厳しくなってきました。
「妊娠」が無理だと思う年齢に達した時、不妊治療を諦めた私は、お金もない、希望もない、自信もない状態でした。

そんな私がある本に出会い、まず、お金に対する考え方が変わりました。その本には「浪費」「消費」「投資」の違いが、今まで私が考えていた違いとは全く違う区別で書かれていました。
私がこれまで「自己投資」だと思っていたことは、「人の役に立てるという発想がなく、これは投資にはなっていない」と気付いたのです。
実は、大家業や妻社長の会社の設立も、すでに始めていたのですが、「全くの自己流」であり、うまく行っていませんでした。
坂下先生の本に共感した私でしたが、先生のセミナーは人気が高く、中々受講が叶いませんでした。ようやくセミナーに参加できることになりましたが、その頃私は一ヶ月だけ仕事でドバイに行くことになっており、その日程と重なってしまいました。そこで、夫を説得し、そのセミナーに行ってもらいました。すると夫も妻社長メソッドを高く評価し、妻社長クラブにも入ることになったのです。そこには相談できる先生方や先輩、仲間たちもいて、孤独感を感じずに進んでいくことができました。
妻社長メソッドの中でも「夢実現シート」は、私たちの進んで行くべき道を示してくれるものとなりました。
これまで学んできたもの、自分や夫が得意なこと、好きなことを組み合わせ、夫婦で共有することで、ブレが少なくなってきました。進んで行く中で必ず遭遇する困難な状況も通過点と考えることができるようになったのも、利点です。
私は昨年ドバイで法人を設立し、輸出入ライセンスを取得しました。それも夢実現シートの成果であり、これから坂下先生のメソッドに大須賀先生のメソッドが加わるわけで、今はまだ駆け出しですが、ドバイのビジネスも何か形になっていくと信じています。「感謝されることをする。」ことがビジネスなのですから、海外でも日本でも同じです。これからも、どこにいても、「お金=感謝の気持ち」ということを忘れずに進んでいこうと思います。

夫と同じ方向を向いて進んでいけるのも大きな変化です。
これまでの我々夫婦は、無計画かつ無謀に進んで行く私に、夫が強烈にブレーキを踏むことも多く、夫婦が反対向きの力で進んでいたのです。しかし、今では同じ方向を向けるようになったことで、役割分担が明確になりました。夫に反対されていることと、ハッパをかけられていることの区別もつくようになりました。妻社長メソッドで、夫婦の価値観を見える形にし、諦めずにすり合わせることの大切さを教えてもらったからでしょう。妻である私の「ドバイでの単身赴任」、それさえも見守り応援してくれるのは、このメソッドのおかげです。
このチャンスを得られたことは、悩んだ時期があったからかもしれません。順風満帆に全てがうまくいっている人などいないでしょうが、どんな状況の中でも、大切な事に気づき、視点を変え、行動を変えることで、大きな変化になっていくのだと実感しています。
変化を起こすと不安に感じることも多いです。外国に一人でいるというのは孤独です。ですが、物質的に距離が離れていても、夫婦が同じ方向を向いて進み、周囲に仲間がいると、世界は小さく、いつもつながっていられることを実感できます。それを感じていられる自分が今はとても幸せ者だと思えます。

■元CAの丸の内OL福井久乃さん

不動産、会計、会社設立の知識はおろか、家計簿すらつけたことが無い。月々の固定費や保険についても夫に丸投げでお金の流れがわからない状態でスタート。

持ち前の好奇心と、「とにかく誰よりも伸びしろがある!!」と自分を励ましながら全ての課題を必死で取り組む中で、様々な気づきと発見がありました。

坂下先生はもちろん、夫や他の受講生&卒業生にも手厚く面倒を見ていただき、何とか一つ一つ階段をのぼって行けたと思います。

そして新しい世界を知ることは何よりいつもワクワクして、楽しかったです♡夢実現シートは宝物。本当に今が一番幸せで、明日はもっと。感謝の気持ちでいっぱいです。

この半年間で実際に不動産のサイトで物件を探して事業計画を立てたり、簿記も勉強し、アフィリエイトや、海外輸入、ネット販売も。

学んだことは少しずつですがかなり積極的に試しました。実際にやってみると自分に合いそうなものとそうではないものがわかるし、何よりも実践してみないと実際のところがわからないので面白かったです。

妻社長大家さんのはずが、海外輸入とセミナー講師がこれから設立する合同会社のメイン事業内容として着地点を迎えるとは!!

これも、坂下先生と言う素晴らしい先生に出会ってしまったご縁ですね。

 

■フリーランスの写真家の田村一さん

私の本業はフリーランスの写真家です。
雑誌やDVD制作を中心に活動していて主に女性を撮る機会を多く頂いておりますことから
女性をX倍綺麗に、そして素敵に撮ることに関しては自信があります。

実のところフリーカメラマンの「フリー」とは名ばかりなのです。
ミッションはクライアントの要望どおりの写真を撮ること。
そこに自由という言葉は皆無。自分の好きな写真が撮れる機会など無きに等しい状況なのです。
写真が好き、自由を求めて入った業界なのになんとも皮肉なこと。
好きでもない写真を撮る日々が続きます。
それでも撮る機会があるだけまだましです。
フリーカメラマンの世界はとても不安定なのです。
どこかの会社に所属していて会社から仕事を与えられる通称「社カメ」とは違い
限られた仕事を多くのフリーカメラマン同士が争奪することとなります。

私も全く撮る仕事がなかった時期がありました。
ソファーに座ってテレビを見ていると
「お父さん、なんでお昼にお家にいるの」
などど子供に尋ねられたり、
仕事のふりをして出かけて公園で時間を潰していたり
昼からお酒を飲みに行ったり、
堕落した時代を過ごしておりました。

そんな時坂下先生の著作「いますぐ妻を社長にしなさい」との出会いがあったのです。
まさに目からウロコ、「これしかない」と思いました。
坂下先生の著作は全て読み、実際の妻社長セミナーに参加して様々なことを学ばせて頂き、不動産関連の著作を読みふけり多くのコミュニティにも出来る限り参加しました。念願かない副業として不動産賃貸業を開始することに成功。現在2棟24室の大家として安定経営を継続中です。

将来的にはフリーランスや低属性でも夢が叶う成功法則を妻社長メソッドと絡めて多くの人達に提供していくことが目標です。

 

■貯金ゼロからアパート一棟買えた!R・Aさん

私も夫も「お金の事を話すのは、はしたない。」「お金持ちは不幸な人が多い。」などと言われて育ちました。そのため、結婚後もお金の知識もないし、貯金もほとんどありませんでした。それでもいつか自分の家が欲しい。バブルを経験していますので、家を早く買わないと、土地がどんどん値上がりし、一生、家を持つことができないのではないかと、不安を感じておりました。そんな時に新築のマンションが、値下げをするという広告が入り、夫と見に行き即決しました。
夫と私は、29才の年にマンションを購入しました。新築が値下げだなんて、ラッキー!!これを、ステップに次は一戸建てを買おう!良いお買い物をしたつもりで喜んでおりました。金利のこともよく解っておらず、購入後しばらくして、住宅ローンの返済予定表が届きました。住宅金融公庫4.55%、ボーナス支払い分は、5.25%、年金住宅ローン4.89%。今では考えられない高金利でしたが、その当時は、そんな無理でもしなければ買えないのだからしょうがない。と、自分達に言い聞かせていました。でも支払額のうち、ほとんどが利息で、何の贅沢もせず、夫は一生懸命働いているのに金利ばかり払っている状態。どうすれば良いかもわからず数年が過ぎました。
住宅ローンの金利も下がり始め、周りの人達から借換えをすると、支払額が随分と違うと聞き、私達も実行しました。

支払いが楽になり、貯金もできるようになりました。でも、貯金ができると繰り上げ返済をしましたので、ほとんど使えるお金がない状態でした。
子どもが大きくなるとマンションが手狭になり、戸建に住みたいと思うようになりました。いざマンションを売りに出すと新築で買ったマンションが、10年経って購入した時の価格のなんと1/3に・・・(泣)繰り上げ返済をしてはいましたが、当然売却後、残債が残りました。マンション売却と同時に築20年の戸建を買いました。築20年のため、建物の値段はほとんど無いので、不動産屋さんももう少し安くなるはずと、交渉に協力してくれましたが、建物に自信たっぷりの強気な売主さんは、クリーニング代だけしかまけてくれませんでした。割高の戸建の住宅ローンにプラス、マンションの残債です。築古戸建を買ったのに新築戸建て以上の住宅ローンを抱えることになってしまいました。

それでも、ポジティブなわたしは、良い環境を得られ、古くても4寸檜柱のしっかりした作りの家を持つことができ、本当にラッキー♪と思っていました。リフォームを一度もされていない家でしたので、せめても床と壁のリフォームをしようと工務店で見積りをとると、安い材料を使うにもかかわらず、予算オーバー。そこで日曜大工の経験がある夫とペンキ塗りの経験がある私たち夫婦でリフォームをしようということになりました。マンションの引渡しを待ってもらい、10日で家中のリフォームを2人で仕上げる予定でがんばりました。しかし実際は素人がそんなに早く工事出来る訳もなく、引越し当日は1畳分ほど床板を外したたままで、覗くと土が見える状態でした。引越し後も暮らしながらコツコツとリフォームを続けていました。キッチン横の壁紙をはがすと、シロアリに喰われた柱が出てきました。幸いにも、4寸檜の丈夫な柱は被害少なく、瑕疵担保責任の範囲内の売主負担で柱の修理をしてもらえました。しかし、キッチン横のステンレスの壁をはがす際にキッチン台も壊れてしまい、ガス台を使うことも出来ず、数ヶ月の間、カセットコンロで料理をするという、キャンプのような生活が続きました。20年経っているキッチンでしたので、リフォームよりも思い切って新品のシステムキッチンにすることになり、主婦の私としてはとてもうれしいことでした。ついでにお風呂もリフォームすることになりました。しかし、お金がないので、リフォームローンを組み、更なる借金です。不安だけど、考えてもしょうがない!

お金がない中、自分たちでリフォームを続けていくうちに夫は大工仕事の腕を上げ、家の作りや、仕組みについても知識を増やし、設計図を作成し家具を幾つも作れるほどになりました。私は左官や、ペイントの腕を上げました。もともと短大でインテリア専攻でしたし、アンティーク雑貨が好きでしたので、アンティーク風ペイントも大変得意になりました。アンティークショップを経営されている方が我が家に来られた時も夫が作った家具に私がペイントをしたものを見て、アンティークかと思ったと、言われるほどでした。並行してブログでリフォームや家具作り、コーディネートを紹介していましたところ、リフォーム部門では1位。出版社の目にも止まり、インテリア雑誌に十数冊載るほど、取り上げていただきました。

私も夫も自分たちの家作りに関して経験、知識、腕、センスには、自信がつきました。
お金に関しては、相変わらず、お金が貯まると繰り上げ返済。とにかく繰り上げ返済が最善と信じていましたので。子供達の教育費にもお金がかかり、常に貯金はほとんどゼロの状態でした。そんな時、夫からお給料が下がることになったと、伝えられました。ガーン!!どんなに計算しても、住宅ローンの返済、子供達の学費を払うとお金が足りない!!

そこでやっとお金の勉強を始めました。セミナーに通い、たくさんの本を読みました。そして家計見直しの定番である住宅ローンの借換え、保険の見直し、新聞をとるのをやめ、割引品を積極的に買い食費、日用品費を減らしました。毎月なんとかなりそうになってきましたが、お金が貯まると相変わらず繰り上げ返済です。貯まると貯金ゼロの繰り返し。明るい将来はいつになっても見えてきませんでした。
セミナーには、一人当たりの料金が高いため、私一人で通い、家に帰ってからその内容を夫に伝えるという形をとっていました。いっしょに学んでいるつもりが、温度差が生じ、同じ方向を向くことが出来ず、ケンカすることも多くなりました。セミナーを主催する学校の懇親会も会員である私しか出席できませんから、毎回行くことが憂鬱で、あまり話もせず、帰ることもありました。

そんな時、坂下先生の「いますぐ妻を社長にしなさい」という本と出会い、目からうろこで、早速セミナーに申込みました。夫婦二人で参加できましたので、一緒に同じ場所で同じ話を聞き、会員同士で情報交換ができ、毎回懇親会に参加し、仲間ができ、お金の知識も付きました。そしてお金の本質を坂下先生から教えていただき、私たち夫婦の関係も変わりました。

いつでも、夢見がちでポジティブな私と違い、夫は慎重で現実的です。それは、私たち家族を守らなくてはならないという責任感の強さゆえであることは、わかっていたのですが、言い争うことも増え、どうしたら良いものかと思っていました。私が夢を抱くと、ストップを掛けられて前に進めない。夫は、常に私のドリームキラーでした。それが、坂下先生のセミナーに通ううち、自分達がリフォーム、家具作りで得た知識を活かし、将来アパートを購入した際に入居者の方に喜んでいただけるようになる。貢献しながら、収入を得ることが出来ると思えるようになりました。それが、私たちのミッションであると気付きました。同じ方向を向き、お互いに理解を深め、言い争うこともなくなり、同じ夢を抱けるようになりました。

坂下先生はパートナーと仲良くすることが、成功に不可欠とおっしゃいます。セミナーでパートナーの本質を知るためにいくつかのテストをしました。私と夫の愛情伝達のツボを知って納得し、相手が喜ぶことをお互いにすることで、優しい気持ちを持てるようにもなりました。お互いのコミュニケーションのタイプにも気づき、相手が私のタイプを知っていてくれることは、安心感にもつながりますし、そのようにも接してくれています。相手のことを知り、実行することにより以前にも増して、楽しく、仲良く、明るい将来に向かって前進出来るようになったと思います。

そしてセミナーに参加して半年後、私は妻社長となり、アパート一棟購入することができました。
新年早々、夫と二人で夢実現シートを最初から作り直し、プロフィール&プロジェクトタスク化シートまで作り上げました。5~6時間かけて丁寧に作りましたので、改めて夢や目標を見える化できました。これらのシートは、一つ一つが具体的なので、夢に向かって何をすれば良いのか、明らかになります。改めて素晴らしいメソッドだと思いました。

まだまだ夢に向かって歩き出したばかりですが、坂下先生の教えを受けて、私と夫はミッションを果たし、絶対に幸せなお金持ちになります。

 

 

マスメディアでの紹介実績

【テレビ・ラジオ】

▼2018/06/11
宇宙一受けたい授業
勝間和代 副業の極意 編で
勝間和代さんが妻社長メソッドを推奨

▼2018年6月2日
東京FM
一流に聞く!ビジネスも人生も楽しむやりがいラジオ ゲスト出演

▼2018年3月22日
渋谷クロスFM
bondradioゲスト出演

▼2018年2月21日
かわさきFM
「大須賀祐の輸入ビジネス紀行~世界の翼から~」ゲスト出演

▼2017年1月17日
MBS毎日放送「ケンゴロー」
局アナの豊崎由里絵さんが最近読んでいる本としてダウンタウン・浜ちゃんに紹介

▼2016年5月7日
FMヨコハマ
「E-ne!~good for you~」にゲスト出演

▼2014年10月30日
東京FM
小田全宏のアクティブ夢講座にゲスト出演

▼2014年4月14日
TBSラジオ
生島ヒロシのおはよう一直線にゲスト出演

【新聞】

▼2015年6月25日
朝日新聞
時時刻刻で紹介される

▼2014年9月4日
日刊ゲンダイ
サラリーマン特集「究極の節税・蓄財法はコレ」で紹介される

▼2014年3月26日
夕刊フジ
「資産形成指南書バカ売れのワケ」と紹介される

【雑誌】

▼プレジデント

2016年7月号

 

▼日経ビジネスアソシエ

2017年3月号

 

▼日経ウーマン

2018年5月号

2017年5月号

 

▼日経マネー

2016年9月号

2014年7月号

2014年4月号

 

▼週刊ダイヤモンド

2015年12月号

 

▼ダイヤモンド・ザイ

2015年12月号

2014年5月号

 

▼THE21

2016年8月号

 

▼DIME

2014年9月号

 

▼別冊宝島

2014年1月号

 

▼HOUSING

2017年3月号

 

▼ビッグトゥモロー

2015年10月号

2015年4月号

2015年2月号

2015年1月号